感覚開き塾〜自分と相手と世界を感じる感性をひらく〜通信課程始めます!

感覚開き塾、始めます!

レベル1の7レッスンは無料です!!


感覚を開いて感性を豊かにして、あなたの日常生活を、あなたが観る世界を、楽しく色鮮やかなものに変えていきませんか?


お申し込みはこちらからお願いします。



感覚開き塾はその名のとおり、”感覚”がテーマです。知識をお伝えするのではなくて、感覚を開くための方法を実践しながら、感覚を研いていく場です。




▶こんな方におすすめです。
・五感/感性/直感をより豊かにしたい方

・環境や風景や出来事をより豊かに感じられるようになりたい方

・自分の観点を広げたい方、多様にしたい方

・感じ方を豊かにすることで、日常生活をより楽しく感じたい方

・感性を豊かにして芸術創作や自己表現に役立てたい方

・散歩・散策・旅をより楽しくしたい方

・自分や相手の気持ちや変化を感じられるようになりたい方

・対象から多くの気付きや発見を得られるようになりたい方

・固定された考え方や感じ方に囚われないように/多様な観方でものごとをとらえられるようになりたい方/他者が持つ新しい感じ方を理解し受け入れられるようになりたい方





「感覚開き塾通信課程レベル1」では、自分と人と世界を感じるための方法とそのための実践ワークを7回に渡って実践していきます。

【第1回】いつも自分の感じていることを感じよう

【第2回】居心地の変化を感じてみよう

【第3回】周りを観ることで自分にも気づこう

【第4回】絵画のように風景を鑑賞してみよう

【第5回】目を閉じて耳をすましてみよう

【第6回】別の役割/職業になりきって歩こう

【第7回】二度と体験できないものとして感じてみよう




レッスンの実践レポートを毎回送っていただいた方には「感覚開き塾通信課程レベル1」の修了証を発行させていただきます♪

お申し込みはこちらからお願いします。

質問などありましたらお気軽にこちらからお問い合わせください。

他の人の着眼点と感覚を吸収して、世界を感じる感性を豊かにしてきた研究成果

世界を感じる感性が豊かになるってどのような状態だろう?

世界から何を感じられるかは、どんなものごとに着眼できているか、何を意識しているかによって決まります。例えば、 ある空間に対して、普通の人が「色」や「かたち」 など限られたことに着眼しているのに対して、感覚が豊かな人は、「素材」、「色とかたちの組み 合わせの相性」、「人の行動」、「時間の経過による変化」や「観る者の立ち位置と風景の見え方の関係」などと多様なものごとに着眼しています。

感覚が豊かになったかはいろいろなものさしで計れるかもしれませんが、僕は確認と開拓がしやすいということで、それまで意識しなかったものごとに着眼できるようになるということを目指しています。


僕が研究していた、感覚交換散歩とは、他の人が街を歩いた時に考えたことや感じたことについて語った音声を聞きながら歩くことで、他の人の着眼点と感じ方を通して、街を追体験する方法です。着眼点と感覚の共有を支援し、受け取った着眼点と感覚を利用して世界を感じられるようにしていきます。


例えば、過去の実験では、こんなコメントがありました。

「ツタの先っぽがいいと写真に撮っていて、自分 も気になっていたから、よく見るようになっ たら、二階のフェンスにも若干ツタがあって、 それが龍が昇っているように見えることに気付いた。」

「コンクリと土と草など足裏感覚を堪能できた。」

「足裏感覚について自分が語って、それに触発されて相手が気づきを加えて、それを聞いてさらにパワーアップした。落ち葉の濡れ具合 やかたちの差なども感じられた。」



感覚交換散歩実践によって、着眼点の種類のバリエーションが広がったかを検証しました。分析方法としては、歩行時に語っていた音声データを分析して、着眼できている対象の種類数を数えました。

7ヶ月間の15回の散歩を通して、増加幅に差はあるものの、継続的に実践していた3人全員の、着眼点の種類が増えました。僕については、約40から200以上へと増えました。これは、相手の着眼点を受け取って、その着眼点を通して、世界を感じられるようになった結果でしょう。



参加者Bさんの「空間のリズム」という着眼点を取り入れた僕は、Bさんが左右のポールのリズムを感していたことを自分なりに発展させて、森を歩きながら木々の太さを音程に、木々との距離を音量に、形を音のゆがみに変換して捉えました。

参加者Dさん の「足裏感覚」を取り入れた僕と参加者Cさんは、公園を歩きながら、アスファルトと土と落ち葉な ど地面の素材の違いを足の裏で感じ取っていました。 僕はそれまで特に着眼していた「植物」と受け取った「足裏感覚」を組み合わせて、足の裏で「葉のかたち」や「葉の湿り度」を感じ取れるようになりました。

CさんはBさんと音声を交換した回に「人の種類と関係」という着眼点を受け取り、次の散歩で「人の年齢と行動」を強く意識して、「パンの袋を持ったおばさん」や「折りたたみ自転車に乗るおねえさん」など、人の特徴や行動を細かく捉えられるになりました。

Bさんは僕がコンクリートから生えている植物が背比べするように伸びている様子について語る音声を聞いて「植物の生命力」という着眼点を意識するようになり、「青いトマト」や「青くて細い竹」を見て、応援する気持ちを抱いていたり、「植物の気持ち」を想像して話しかけるという行為が観られるようになりました。


このように、実践を継続することで、自らの感覚を言葉にすることと、他の人の音声から着眼点を見出して、他の人から受け取った着眼点と自らの着眼点を組み合わせて、さらに世界の感じ方を豊かにしていくことが確認できました。


この研究についてより詳しく知りたい方はこちらで論文を読むことができます。興味のある方はどうぞ。




感覚開き散歩について詳しく知りたい方、参加に興味がある方はこちらもご覧ください♪


関連記事 よろしければこちらもお読みください♪

感覚開き塾〜自分と相手と世界を感じる感性をひらく〜通信課程始めます!

「2/23梅の花、切り通しの岩壁と森を味わおう!鎌倉感覚開き散歩:自然を感じる感性をひらく」の感想

世界を感じる方法を探究してきたエピソード集

パーソナルヒストリー(世界を感じる感性を拓き続けた15年編)

4/5 花見だけでじゃなくて桜を感じて味わおう!鎌倉感覚開き散歩:自然を感じる感性をひらく

感覚開き散歩の感想

日常の何気ない出来事や風景が楽しく深く感じられるようになるために、五感と感性を磨く7つの方法

感覚や感性を豊かにするためのポイント

世界を感じる方法を探究してきたエピソード集

僕は、世界を感じる感性や感覚を豊かにする方法を約15年探究してきました。

今日は、その中でやってきたこと、気づいたことなどの経験エピソードの一部を紹介します。


楽家の友達と感覚交換散歩
空間を音楽的に捉える友達の感覚を意識しながら、バイクで移動していた時に、左右の物体が通り過ぎるタイミングでビート音など鳴らしながら、音楽的に風景を楽しめるようになった。


感覚開き散歩の参加者が、環境に問いかけていた姿勢が印象的だった。
例えば、ある虫に対して「なんでお前はそんなかたちで生まれてきたのか」などと問う。
これは、わかった気にならずに、対象に関心を持ち続けていることだなぁと感じた。これに触発されて、対象に問いをしたり、哲学的に考えたりするようになった結果、いろんなものごとをわからないものとして見続ける/感じ続けることができるようになった。


感覚開きカードを使って/感覚開き散歩にて

二度と体験できないものとして感じてみよう
3つのおにぎりのうち2つ食べたところでカードを渡したら、
同じおにぎりがその前後で味わいが変わった!と感動してもらえた。
同じ対象が意識次第で感じ方が変わることをわかりやすく体験するいい方法かもれしないね。


感じていることをシェアしていくと、短時間なのに別の参加者と深くつながった感じがした。これは「思考」ではなくて、自分にとってより存在に近い大切なものである「感覚」を共有してわかってもらえることは嬉しいからだね。


ミクロな世界が好き、特に意識しないと近くや足下をよく観ている。
「遠くを観てみよう」というカードで遠くを観た。
心理の話で、視線の上下だけでも気分が上下することは実体験していたけど、
自然と目線が上に行き、胸も開いたせいか、気分や感覚が変わったのが感じられた。


三鷹養老天命反転住宅
ヘレンケラーになりきって生活してみた
目をつむり、耳栓をして、しゃべらない。
普段は頼っている視覚聴覚が使えないことで、手足の触覚がかなり敏感になり、それを頼りに移動や料理やトイレもすることができた。


ものを擬人化してみよう。
植物と一緒に隠岐の島に旅した時、旅先で会った人に「名前は?」と聞かれた。
隠岐後鳥羽上皇が流されたとのことで「鳥羽くん」と名付けた。
名付けただけで、その相手のことをよく観たり感じたりするようになったり、とても親近感を抱くようになった。


以前年末年始に、自宅古民家にて行った合宿ワークショップの中で「居心地を感じよう」というワークを行った。それぞれが、居場所や姿勢を変えることでどう自分の居心地が変わるかを感じていくというもの。それぞれが一番居心地がいいという場所をみんなで巡っていくというのをやったところ、自分では居心地が良いと感じた事がなかった場所が選ばれて面白かった。そういう感じ方や捉え方があるのかと、自分の家に対する感じ方が広がった。


子供になりきる
落ちている落ち葉を流れている小川に投げ出す僕がいた。
普段だったらそんなこと絶対しないのにね。
自分の立場を変えると、環境の捉え方や環境への関わり方が変わる。


異性になってみる
女性になりきると、普段反応しない商品とかに反応しだす。
男の時は「かわいさ」という観点は弱いけど、女性になると「かわいいもの」が自然と観えてくる。


動物になりきる
四つん這いになって移動するだけで、見える世界が変わる。
草などが手足や顔にこすれる感覚も味わえる。
地面が近いから下にあるものが良く見えるし、土や草の匂いも感じやすくなる。


木になってみる
風が吹いたら、木と同じように揺れてみる。
風になびいて気持ちいいだろうなと感覚を感じることができた。


今日の寝床を探してみよう
どういうところがここちよそうか、安心できるかを感じることを自然と引き出してくれた。
宿以外の選択肢。外だったらここが落ち着くというのもある。人がいないところ。ハンモックで寝るならあの場所の木かな。気持ち良さそう。空を飛んでいるような感覚になりそう。
テントをはるとかいう視点だとまた違うものが観えてくるだろうな。




感覚開き散歩について詳しく知りたい方、参加に興味がある方はこちらもご覧ください♪



関連記事 よろしければこちらもお読みください♪

感覚開き塾〜自分と相手と世界を感じる感性をひらく〜通信課程始めます!

「2/23梅の花、切り通しの岩壁と森を味わおう!鎌倉感覚開き散歩:自然を感じる感性をひらく」の感想

他の人の着眼点と感覚を吸収して、世界を感じる感性を豊かにしてきた研究成果

パーソナルヒストリー(世界を感じる感性を拓き続けた15年編)

4/5 花見だけでじゃなくて桜を感じて味わおう!鎌倉感覚開き散歩:自然を感じる感性をひらく

感覚開き散歩の感想

日常の何気ない出来事や風景が楽しく深く感じられるようになるために、五感と感性を磨く7つの方法

感覚や感性を豊かにするためのポイント

4/5 花見だけでじゃなくて桜を感じて味わおう!鎌倉感覚開き散歩:自然を感じる感性をひらく


風景や出来事を豊かに感じられるようになりたいあなたへ


さまざまな感じ方を身につけて、五感・感性・直観を豊かにしませんか?


僕は、「自分と世界を感じる感性をひらく」をライフテーマとし、10年以上、日々、感じる方法を見つけたり、実践したりしてきました。その成果が、約250枚の感覚開きカードになりました。感覚を開き、感性を豊かにするための方法・コツが詰まっています。


感覚開き散歩では、カードに書かれた指示を実践することで、世界を感じるための方法を身につけて、環境や出来事をより豊かに感じられるようになります!見慣れた風景、歩き慣れた道、よく知っている人などが、新しい何かとして感じられてきます!!


*実践したカードは持ち帰ることができます。継続して感覚開きカードWSに出るとカードをコレクションして楽しめます。


今回歩く場所は、源氏山公園と鶴岡八幡宮の源氏池と八幡宮の参道”段葛”の300本の桜並木。自然空間を感じる感覚を開き、それを味わっていきます。


参考:鎌倉桜の名所


感覚を開いて感性を豊かにして、あなたの日常生活を、あなたが観る世界を、楽しく色鮮やかなものに変えていきませんか?



▶感覚を開いて感性を豊かにするとこんなことにつながっていきます

・毎日がつまらないと感じている人が、特別に生活を変えなくても毎日を楽しめるように!

・言われたことをそのまま受け身でしか受け取れなかった人が、いろんなことを感じ取ったり察したりできるように!

・ひとつの観方に縛られて、ものごとの一面しか捉えられない人が、多様な観方で柔軟にものごとを捉らえて、ひとつのものごとからいっぱい気付きや学びが得られるように!

・別の考え方や観方をなかなか受け入れられない人が、観方や感じ方を豊かにして、自分とは違う人ともうまく付き合えるように!

・発想やアイデアが乏しい人が、発想の元となるいろんなことを感受できるようになって、アイデア豊かに!




▶こんな方におすすめです。

・五感/感性/直感をより豊かにしたい方

・環境や風景や出来事をより豊かに感じられるようになりたい方

・自分の観点を広げたい方、多様にしたい方

・感じ方を豊かにすることで、日常生活をより楽しく感じたい方

・感性を豊かにして芸術創作や自己表現に役立てたい方

・散歩・散策・旅をより楽しくしたい方

・自分や相手の気持ちや変化を感じられるようになりたい方

・対象から多くの気付きや発見を得られるようになりたい方

・固定された考え方や感じ方に囚われないように/多様な観方でものごとをとらえられるようになりたい方/他者が持つ新しい感じ方を理解し受け入れられるようになりたい方


▶日時:4/5(日)  10:00-16:00


▶場所:鎌倉駅→佐助稲荷神社→銭洗弁天→源氏山公園→化粧坂切り通し→海蔵寺寿福寺鶴岡八幡宮→段葛→鎌倉駅周辺のおすすめカフェで振り返り


▶集合:10:00鎌倉駅西口を出て右すぐにある時計台のある公園


▶参加費:2000円+お気持ち(感動料金制)

【紹介割】1人紹介につき上記料金より500円割引き


▶特典:

・感覚開きカード20枚セット

・くり作の小冊子『世界を感じる感性をひらく』『自分を感じる感性をひらく』

FACEBOOKグループおよびメールでの事後サポート


▶予約・お問い合わせ

こちらからご連絡ください。

▶案内人プロフィール

感覚開き人。感性開拓研究家/感性開拓コーチ/五感トレーナー。感覚開きツアーガイド。文教大学講師。

感覚開き散歩、五感トレーニング、感性開拓コーチングなどを通して、環境や出来事をより豊かにする感じられるようにして、何気ない日々や風景をより深く味わって楽しめるようになる、あるものごとから多くの発見や気付きを得られる、自分や相手や世界の変化を細かく感じられるようになる、お手伝いをさせていただいています。

情報社会の中で育った私は、溢れる情報の中で、感覚が麻痺して、何も感じない「情報の不感症」になっていく自分に恐怖を感じていました。中学時代から変わった感覚だった私は、学校のルールや社会で言われていることに疑問を持っていました。集団教育の中であることを正しいと思わされ、同じであることを強要されることに何も感じずに従う人ばかりの中で「なんかおかしい」という違和感を流さないでいました。

「どうしたら麻痺してしまった感覚を再び働かせられるか。」

ということを探究して行く中で、私の中で天命とも言うべき役割が見えて来ました。

「世界を感じるための新しい窓をつくれば、世界は簡単に入れ替わってしまう。

こうして、私は、世界を感じるための装置や道具を作り始めました。

後に、アートやデザインで用意されたものごとを感じるのではなく、人の感覚や感じ方自体を豊かにしたいと、認知科学や心理学の世界へと入っていきました。

「出来事はただの出来事、どう感じるかは自分で決めている。」

「だから自分や周囲の人の感じ方を自分で導く事ができれば、世界は色鮮やかに輝き出して、人生を楽しめるようになる。」

という思いで、感覚を豊かにすること、環境を豊かに知覚できるようにすることをテーマとして、さまざまなツール制作や実践を行っています。10代の頃から探究してきた、世界を感じるための方法は約250枚の感覚開きカードにまとめました。現在はこのカードなどを使った、ワークショップやフィールドワークを行っています。




関連記事 よろしければこちらもお読みください♪

感覚開き塾〜自分と相手と世界を感じる感性をひらく〜通信課程始めます!

「2/23梅の花、切り通しの岩壁と森を味わおう!鎌倉感覚開き散歩:自然を感じる感性をひらく」の感想

他の人の着眼点と感覚を吸収して、世界を感じる感性を豊かにしてきた研究成果

世界を感じる方法を探究してきたエピソード集

パーソナルヒストリー(世界を感じる感性を拓き続けた15年編)

感覚開き散歩の感想

日常の何気ない出来事や風景が楽しく深く感じられるようになるために、五感と感性を磨く7つの方法

感覚や感性を豊かにするためのポイント

感覚開き散歩の感想

「今日の学びはなんですか?」


感覚、感じることは、心で感じることと、体で感じること。
そして、働きかける動きと受け止める動き、があるのかしら、と思えたこと。

「遠くを見る」のカードに添って、あたご街道からの山を見たときに、遠さと近さ、空間を体《外側と内側》と心《感情、好ましさ、色、形、認識》で感じれました。
そのときに、感動《心が動いた》しました。

自分と世界がつながりました。
このことは、自分が生まれた性質や道を解読する大切な感性を育てるだろうと思えたのが、学びでした。

これからも、丁寧に認識、感覚、体感を見ていく時を持ちたいと思いました。


★★★


ちょっと歩いているだけでも、色々な情報が入ってきて、一瞬一瞬感じてることの多さにつかれつつも、いつもなら流してしまうことも体で感じて体感する、どんな反応をしているか分かったこと。

他の人の視点でみるとその人の良いところが見えてくる!


★★★


考えすぎる方なので感性を高めてより広い視点を得た。

無意識に感じてた事、見ていた事を意識化できた。自分を肯定し、受け入れれた。



「よかった、役に立った、感動したポイントは?」


抹茶の時間、皆さんとの食事の時間。
関わっている今、この時を感じました。
対象との純粋な関わり、その時に生まれる心の動き、他者と周りの世界の動き、を観察できたように思います。
その中で飲んだ抹茶とお菓子、食事はよく味わえ、おいしかったです。
おいしかった、という感動、感覚がゴール、のようでした。

あと違う役割になってみる、虫の視点で、も想像力を使うことが体感を呼び起こし、私、ということの観察にもなるのだ、という発見がありました。
私、はいろんな刺激の受容体であったり層になった世界でもあるのかしら、とも思いました。
自分と思っている分野を超えて、体も心もいろんな自然の法則や断りが働いている自然の一部なのか、とも感じました。

「目を閉じて歩くこと」、は無意識を意識することと、より内側で起こる感覚に注目でき、研ぎ澄ますにはよい方法であろうことと、「色を感じる」「耳を澄ます」では聞こえてくる音、色の由来を感じている不思議、音のない、静寂の部分が《聞こえる・・》と感じれたこと。


★★★


最後の方は特に敏感になっていたのか、どう感じてるかがすとんと分かったこと。感じようというよりは見つめる感じでした。


★★★


他の参加者の言葉がすごく深くて、感じてる事(抽象的)を言葉にわかりやすく伝えてくれた。

感じるといっても、五感には様々な感じ方がある事。



「自由感想」


感動したり、私が生きているところから感じるものを創造できたら・・・と思えました。
一致した、瞬間を感じれたのが幸せでした。






感覚開き散歩について詳しく知りたい方、参加に興味がある方はこちらもご覧ください♪




関連記事 よろしければこちらもお読みください♪

感覚開き塾〜自分と相手と世界を感じる感性をひらく〜通信課程始めます!

「2/23梅の花、切り通しの岩壁と森を味わおう!鎌倉感覚開き散歩:自然を感じる感性をひらく」の感想

他の人の着眼点と感覚を吸収して、世界を感じる感性を豊かにしてきた研究成果

世界を感じる方法を探究してきたエピソード集

パーソナルヒストリー(世界を感じる感性を拓き続けた15年編)

4/5 花見だけでじゃなくて桜を感じて味わおう!鎌倉感覚開き散歩:自然を感じる感性をひらく

日常の何気ない出来事や風景が楽しく深く感じられるようになるために、五感と感性を磨く7つの方法

感覚や感性を豊かにするためのポイント

日常の何気ない出来事や風景が楽しく深く感じられるようになるために、五感と感性を磨く7つの方法

1.アクセサリーにつくるのに使う素材を探しながら道を歩こう



どんなかたちがいいか

どんな色がいいか

どんな素材がいいか



自然と

石や葉っぱの

かたちや色が

観えてくる



この色がいい

このかたちかわいい



色やかたちの

自分の好みも

観えてくる



いつもの道にあるものが

宝石のように観えてくる





2.二度と体験できないものとして感じてみよう



何度も同じことを繰り返すと

いつのまにか

無意識にそれをやるようになる



この人生で

最後だと思って

そのことをやってみよう



最後の食事

最後のお茶

最後の睡眠

最後のその人

最後の会話

最後のその道

最後の仕事

最後の・・・



人生最後にやるものだと想って深く感じてみよう





3.スカウトになって人を探そう



普段なんとなく歩いていると

道ですれちがった人

同じ電車に乗っている人

同じ店にいる人

ほとんど感じていないことが多い



スカウトになったつもりで人を観てみよう



女性アイドルのスカウトになれば、

かわいさ、売れるかどうか、TV受けするか

などが観えてくる



男性芸能人のスカウトになれば、

かっこよさ、女性にモテるか

などが観えてくる



芸人やバラエティアイドルのスカウトになれば、

面白さ、インパクト、個性

などが観えてくる



いろんなスカウトになることで、

普段観えていない性質が感じられてくる





4.絵画のように風景を鑑賞してみよう



美術館などで絵を鑑賞する時

細かく絵を感じようとしている



明るさ

構図

光と影

雰囲気

かたち

ものや人の数

表情

動き

物語

登場人物の気持ち

空間の開閉

美しさ



じっと立ち止まり

絵を鑑賞するように

風景を鑑賞してみよう

感じてみよう



普段観ている風景にも

絵画のように美しい風景が見つけられますよ





5.遊びやおもちゃの材料を探しながら道を歩こう



ある石ころを見つけた

その石を蹴ると遊びになる

さらに穴を見つけた

そこに石を入れることで遊ぶ



落ち葉が落ちていた

その落ち葉を切り合わせて絵を描く

近くに川が流れていた

その落ち葉を船のように水に浮かべてみる

そしてレースをして遊ぶ



その道にあるもの全てが

遊びやおもちゃの材料になる



普段何気なく観ている道も場所も

遊びの材料の宝庫のよう



遊びやおもちゃをつくりながら歩いてみよう




6.目の前の人が何をしてきたのか/これから何をするのか想像してみよう



その人の今の状態や行動を観察してみよう

そこには、癖やパターンがあるよ



その人は、こういうことをしていると、次にこういう行動に出やすい

それをした後にこれをやりやすい

といったパターンを集めていこう



すごくわかりやすい例としては、

息を乱して到着したら、寝坊したか電車逃したかで急いで向かってきたとか

横を観ていた人が目を見開いてこちらを観てくると、話しかけてくるとか

柔軟体操をしていると、その後運動しに出かけるとか

電車で本を読んでいた人が本を閉じて鞄に仕舞うと、次の駅で降りるとか



その癖やパターンを掴むと

人が何をしてきたのか/これから何をするのか推理をすることができる



ある行動と行動の前後のつながりや、ある行動とものごとの関係がわからなければ推理できない



推理をしようとすると自然と観察力が高まっていきますよ





7.目を閉じて耳をすましてみよう



目、耳、鼻、口、肌

いつもは目が一番働いてくれている

そんな目を無意識にも頼っちゃってる



真っ暗闇の中での対話

真っ暗闇の中での世界体験



目が役に立たない分

耳、鼻、口、肌が働き出す



ある感覚を働かなくさせると他の感覚が働き出す



目を閉じると耳がよく働き出す



普段聴こえていない音が聴こえてきますよ

普段とは違う世界が感じられてきますよ




実際にこのような方法を実践しながら散歩して、五感と感性を磨きたい方はこちらをどうぞ。
鎌倉(関東の方および観光で訪れる方向け)
犬島直島(岡山と香川の方および観光で訪れる方向け)



このような方法をメールマガジンで発信しています。継続的に読みたいと思った方はこちらからご登録ください。




関連記事 よろしければこちらもお読みください♪

感覚開き塾〜自分と相手と世界を感じる感性をひらく〜通信課程始めます!

「2/23梅の花、切り通しの岩壁と森を味わおう!鎌倉感覚開き散歩:自然を感じる感性をひらく」の感想

他の人の着眼点と感覚を吸収して、世界を感じる感性を豊かにしてきた研究成果

世界を感じる方法を探究してきたエピソード集

パーソナルヒストリー(世界を感じる感性を拓き続けた15年編)

4/5 花見だけでじゃなくて桜を感じて味わおう!鎌倉感覚開き散歩:自然を感じる感性をひらく

感覚開き散歩の感想

感覚や感性を豊かにするためのポイント

感じる・聴く・想像する〜自分とみんなと世界と仲良くなる3日間ー岡山県宇野港周辺〜犬島直島ワークショップイベントツアー!!

争いのない、平和な世界、調和した心で生きていきたいと思っているあなたへ
ありのままの自分と相手が安心して一緒にいられるようになりたいあなたへ


「感じる・聴く・想像する」ということの探究を通して、「みんなが、自分の喜びや幸せ、心地よさを大切にし、他の人や世界・地球のことも大切にできる、調和した世界」「安心してありのままの自分でいられる世界」をつくっていくために10年以上活動してきました。
そんな僕ができることを3日間に詰め込んで、できるかぎりお伝えし、体験できるようにしました!


▶このワークショップツアーに参加するとこんなことが知る・学ぶ・身につける・得ることができます。

・自分や相手の大切な想いや気持ちを聴き合えるようになるための質問の仕方と話の聞き方。

・観方と感じ方が豊かになって、いろんな自分・他人・価値観・出来事を認められるようになる。出来事に対する感じ方を自分で調整できるようになる。

・自分の言動・行動・関わり方がどのように相手や世界に影響を与えているかを知る・体験する・感じる。

・本当の自分、本当の相手と出会い、触れ合うような時間。

・家族や同僚との関係をよりよくして、気持ちよく一緒にいられるようになる場をつくれるようになる。

・潜在意識や潜在能力を活用して、夢や目標を実現するために必要な情報や出会いが自然と引き寄せられるようになる+意識的に努力するのではなくて、望んでいる未来にむかって無意識的に行動できるようになる。その結果、夢の実現や目標達成が早まり、自分をいかして輝けるようになる。


12/21
8:00-14:00 
1.犬島直島感覚開き散歩ツアー〜島空間と芸術を感じる感性をひらく


今回歩く場所は、島全体を使った芸術祭で有名で古民家を使った現代美術作品もある犬島と直島。
感性を豊かにするための方法とコツをまとめた約250枚の感覚開きカードに書かれた方法を実践しながら、犬島直島を歩きます。島空間と芸術作品、船から見える風景も深く豊かに感じていけるようになります。

*直島で解散予定です。僕はこの後、22日の会場でもあるLOCH HOUSEで行われるイベントに参加します。もし良かったらご一緒しましょう♪または、直島に残って散策するのもいいですよ。


詳細はこちらをご覧ください。



17:00-20:00
2.しつもん交流会〜質問を通して自分と人と深く豊かにつながる”3時間”@lit(港を望む場所に立つ元旅館を使って向島集会所管理人森岡さんと直島カフェコンニチハ山下さんが立ち上げた、広いバルコニーと広いダイニングリビングスペースを持つのんびりできる港食堂兼、ゲストハウス)


前半は、「聴く」「問う」を探究してきた、くりがはなつ、気持ちや想いを引き出す質問に答えて、その答をグループでシェアしながら交流していきます。後半は、それぞれが相手のことを想って「問い」をつくり、聴き合い、答え合いながら、自分と相手が深く豊かにつながっていく時間をつくります。


詳細はこちらをご覧ください。



21:00-23:00
3.平和な心と調和した世界を生み出そう!自分とみんなと世界と仲良くする方法に関する参加型お話会@ANIKULAPO(素敵な夫婦が経営している、すごくいい雰囲気のジュエリー工房&カフェ)


参加してくれたみなさんの解決したい問題ややりたいこと、それに関する質問をきっかけとして、「自分とみんなと世界と仲良くする方法」に関して、僕の知っていること/体験してきたことをできるかぎり伝えする自由なお話会。


詳細はこちらをご覧ください。



12/22
13:00-18:00 
4.円滑なコミュニケーションの達人になりたい方のための自分が普段どのように相手の話を聴いているかに気付くワークショップ@LOCH HOUSE(玉野市に移住してきた女子がつくった、2013年11月オープンしたばかりのまったりできる集いの場所)


言動/行動/出来事が生み出す心のパターンを把握している、心理とコミュニケーションのスペシャリスト、
10年以上、感じることを豊かにする探究を続け、そのコツと方法を約250枚のカードにまとめた感じるスペシャリストである”くり”が、
相手の考えや気持ちをちゃんと聴く力と感じる感覚を磨くお手伝いをします!


詳細はこちらをご覧ください。



19:00-22:00 
5.わわわ(輪になって話して和する)/非構成的エンカウンターグループ的対話のわ:本当の自分と本当の相手と出会う”3時間”@Magtina(ナチュラルなアジア系雑貨を展示・販売してるゆったりくつろげるカフェ)


僕が聴き手/進行役として、安心して自由に話し合える・聴き合える対話の空間をつくります。ちゃんと受け止めてくれる聴き手がいることでそこは安心の空間になり、自然と扉が開き、普段は見えていない自分、自分の想いや気持ちが現れてきます。


詳細はこちらをご覧ください。



12/23 
10:30-16:00 
6.もっと早く確実に夢や願いを叶えたい方のための、なりたい自分とありたい未来を引き寄せるイメージトレーニングワークショップ@駅東創庫 Gallery Minato(港近くにある、様々な作家が工房をかまえる倉庫のギャラリースペース)


理想の家と活動場所、最愛のパートナーなど数々の望みを叶えてきた引き寄せマスター、無意識とのコミュニケーションを研究してきた”くり”が、潜在意識を活用して願いを叶える方法、引き寄せの法則をお伝えして、一緒に実践しながら身につける場をつくります!


詳細はこちらをご覧ください。



3日間を通して、岡山県玉野市/犬島/直島で自分とみんなと場所/世界とちゃんと出会い、深く味わう、そんな時間をつくります。


ちゃんと、自分と人と世界と共にいて共に生きていく、そんなお手伝いをさせてください。

自分とみんなと世界が幸せと喜びと元気と笑顔と感謝で満たされますように。


▶日時:2013年12月21日(日)〜23日の3日間


▶場所:岡山県玉野市宇野港周辺〜犬島直島


▶料金:
全日程参加の場合:14000円(1ー6の6つのイベント合計21000円相当の3分の2/¥7000オフ!)
21-22日の2日間参加の場合:11000円(1ー5の5つのイベント合計16000円相当から¥5000円オフ!)
22-23日の2日間参加の場合:9000円(4−6の3つのイベント合計13000円相当から¥4000円オフ!)
21日の1日参加の場合:5500円(1ー3の3つのイベント合計8000円相当から¥2500円オフ!)
22日の1日参加の場合:5500円(4−5の2つのイベント合計8000円相当から¥2500円オフ!)

*割引前の合計額は投げ銭式ではなくて通常東京にて開催する額で算出しています。


岡山県外からくりと共に旅ツアーのように参加したい方
合計30000円相当のところを22000円(3泊4日宿泊費込み/食費代別)

特典として、朝晩の空いている時間に最低1hのコーチングやカウンセリング(10000-20000円相当)をプレゼントします!
この特典だけで宿泊費と交通費を除いた参加費の元が取れちゃうようなお得なプランになっています!
さらに、僕と他の参加者と共に過ごす旅や食事の時間もきっといい語り合いの時間になるのでは想っています。

*土曜の夜からなど部分的に参加したいという方はご相談ください。


よかったら一緒に岡山へ旅をして、自分と相手と世界をじっくり感じる時間、共にしませんか?


▶定員:10名

▶▶予約・お問い合わせはこちらからお願いします。