アート の検索結果:

私は人生デザイナー:自分の人生は自分でデザインしよう!コーチング

…いてきました。浅草でアートマーケットがやっていて、木で作られた小さなお城の置物と絵描きさんのポストカードを買いました! ちょうど、これからどういう家、地域で、どんな暮らしや仕事をつくっていくのか、感じていたところので、自分がどんなものが好きで、ワクワクするか、感じている日々です。自分のココロと向き合う旅は続きそうです。僕はどこに向かっていくのか、自分自身でも楽しみです。アート、物作り、木、表現、交流、記憶、歴史、物語、感じる、などは外せなさそうですね。 あなたが脚本家だとした…

パーソナルヒストリー(世界を感じる感性を拓き続けた15年編)

…わる」ことを体感するアートプロジェ クトを企画しました。 20歳の時から始めた東京ポケットプロジェクトでは、廃工場を探検していると、過去に存在していたけど、今は失われてしまった音が流れ出して、その音をきっかけに過去を思い出して、いつのまにか時空間を探検するというサウンドインスタレーション作品を作りました。→こちら 22歳の時から、世界を感じるためのインタラクティブなデザインとして、センスウェアを作り始めました。植物の生体反応をインテリアの光で表すプランターPlantioを作り…

4/5 花見だけでじゃなくて桜を感じて味わおう!鎌倉感覚開き散歩:自然を感じる感性をひらく

…り始めました。後に、アートやデザインで用意されたものごとを感じるのではなく、人の感覚や感じ方自体を豊かにしたいと、認知科学や心理学の世界へと入っていきました。「出来事はただの出来事、どう感じるかは自分で決めている。」「だから自分や周囲の人の感じ方を自分で導く事ができれば、世界は色鮮やかに輝き出して、人生を楽しめるようになる。」という思いで、感覚を豊かにすること、環境を豊かに知覚できるようにすることをテーマとして、さまざまなツール制作や実践を行っています。10代の頃から探究して…

パーソナルヒストリー(フリーランスの孤独と自己対話・自己表現)

…わる」ことを体感するアートプロジェ クトを企画しました。住居以外の使用目的で住居を借りることだけでもかなり 困難でしたが、非常識なアイデアに周りは「無理でしょ!」と否定したり、 相手にしてくれない人ばかりでした。自分の夢ややりたいことを、理解して もらえない、応援してもらいことが、悔しくて悔しくてしょうがありません でした。 その後、空き家や廃墟といった空きスペースを使ったアートプロジェクト” 東京ポケットプロジェクト” を 20 歳の頃から始めました。夢とビジョンだ けで、…

家族、恋人、仲間、同僚、お客さん、周りの人ともっと分かり合って仲良くしたい人のための対話・傾聴トレーニング講座

…所で瞑想会とパステルアートセラピーをやっているのでこちらも興味ある方はどうぞ。 ▶場所:ロータス治療院(東京都渋谷区神宮前2-31-17) ▶料金:参加費3000円 ▶定員:10名 ▶予約・お問い合わせこちらからお問い合わせください。 ▶こんなことが得られます。・傾聴力・話を聞く力・コミュニケーション力・相手を感じる感覚を磨く・自分の聴き方が相手にどう影響しているかに瞬時に気づく観察力と感覚を身につける・相手の話をありのままに受け止められるようになる・相手の悩みや問題解決の相…

くりが感覚開き・心開き・自分開き人になるまでのパーソナルヒストリー

…わる」ことを体感するアートプロジェ クトを企画しました。住居以外の使用目的で住居を借りることだけでもかなり 困難でしたが、非常識なアイデアに周りは「無理でしょ!」と否定したり、 相手にしてくれない人ばかりでした。自分の夢ややりたいことを、理解してもらえない、応援してもらいことが、悔しくて悔しくてしょうがありません でした。 その後、空き家や廃墟といった空きスペースを使ったアートプロジェクト” 東京ポケットプロジェクト” を 20 歳の頃から始めました。夢とビジョンだ けで、実…

2/23梅の花、切り通しの岩壁と森を味わおう!鎌倉感覚開き散歩:自然を感じる感性をひらく

…り始めました。後に、アートやデザインで用意されたものごとを感じるのではなく、人の感覚や感じ方自体を豊かにしたいと、認知科学や心理学の世界へと入っていきました。「出来事はただの出来事、どう感じるかは自分で決めている。」「だから自分や周囲の人の感じ方を自分で導く事ができれば、世界は色鮮やかに輝き出して、人生を楽しめるようになる。」という思いで、感覚を豊かにすること、環境を豊かに知覚できるようにすることをテーマとして、さまざまなツール制作や実践を行っています。10代の頃から探究して…

GWファシリテーション大学 2012のご案内

…ケティング、心理学、アートセラピー、ネイチャーゲーム等の手法を用い、各種ワークショップ・セミナーを開催。フィールドを活かしたワークや、参加者の気づきを深めるシェアワークを得意とする。 菊地 敦子(きくち あつこ) 宇都宮愉快市民。幼少時代からダンス、中学から合氣道で汗を流し、デザインや造形作品を作りながら、現在も愉快な日々を送り続けている。ワークショップやファシリテーションは2009年からBe-Nature Schoolや日本ファシリテーション協会で学び始める(現在も継続中)…